Go to Contents Go to Navigation

ワクチン1回目接種者が1501万人 総人口の29.2%=韓国

記事一覧 2021.06.21 16:44

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団によると、21日午前0時までに国内で新型コロナワクチンの1回目の接種を受けた人は累計1501万4819人となった。総人口(昨年12月時点で5134万9116人)の29.2%にあたる。

新型コロナワクチンの1回目の接種を受けた人が1501万人を超えた(資料写真)=(聯合ニュース)

 このうち1037万3174人が英アストラゼネカ製、352万5781人が米ファイザー製ワクチンの接種を受けた。1回のみの接種で済む米ヤンセンファーマ製ワクチンは、接種が始まった今月10日以降に累計111万5864人が接種を受けた。

 人口に対する1回目の接種率は70代が87.3%で最も高く、続いて60代が83.1%、80歳以上が77.9%、30代が20.3%、40代が13.6%、50代が12.1%、18~29歳が7.3%の順だった。

 2回目の接種まで終えた人は1038人増え、人口の7.9%にあたる計404万7846人となった。

 60~74歳の高齢者を対象にした上半期の1回目の接種が19日に終了し、政府は来月中旬まで2回目の接種を集中的に行うと同時に、下半期の接種のための準備作業を進める予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。