Go to Contents Go to Navigation

哨戒艦撃沈事件は「北の仕業」 韓国首相が改めて表明

記事一覧 2021.06.22 18:17

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は22日、国会での対政府質疑で、2010年の韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件は北朝鮮の仕業によるものだとする政府の立場を改めて表明した。

対政府質疑で答弁する金首相=22日、ソウル(聯合ニュース)

 金首相は「韓国政府が合同調査団を構成し、海外の専門家まで招いてこの問題を整理した」とし、政府の立場を変えるような新たな状況はないと説明した。

 大統領所属機関、軍死亡事故真相糾明委員会が昨年末に事件の再調査を検討したが、見送ったことについては「(民軍合同調査団の)調査委員の1人が自らの考えで問題提起をしたと承知している」とし、国全体に混乱と亀裂を生じさせる恐れがあるため、問題に決着をつけなければならないと述べた。 

 これに先立ち、「天安」撃沈事件の民軍合同調査団の委員として活動していた男性は昨年9月、軍死亡事故真相糾明委員会に事件の再調査を求める陳情を出した。委員会は昨年12月に調査開始を決定したが、男性が陳情者の要件を満たさないとして陳情を却下した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。