Go to Contents Go to Navigation

2030年万博開催地 韓国・釜山市が立候補=申請書提出へ

記事一覧 2021.06.23 06:10

【釜山聯合ニュース】韓国・釜山市と政府の代表団が23日午後5時(現地時間午前11時)、2030年の国際博覧会(万博)を釜山市に誘致するため、博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)に立候補申請文書を提出する。

万博誘致を目指し6月に釜山でイベントが開かれた(聯合ニュース)

 今回のBIE訪問には政府側から汎政府誘致企画団の団長を務める兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長など7人が、釜山市側から朴亨ジュン(パク・ヒョンジュン)市長など8人が参加した。

 立候補申請は首相名義で書かれ、韓国が構想する釜山万博の概要や、釜山の紹介、開催に向ける政府の意思などが盛り込まれた。

 一行は申請文書提出後、BIEのケルケンツェス事務局長と面談する予定だ。この席で朴市長は釜山市長として誘致に向けた意思を表明し、釜山の強みや魅力、市民の熱意などを伝える。政府代表として参加した兪氏も国を挙げて誘致を目指す意思を表明し、BIEとの協力関係を強調する計画だ。

 立候補申請文書を提出すれば、他地域との本格的な誘致合戦が始まる。

 29日にオンラインで開かれるBIE総会で万博のテーマや構想を説明し、釜山を紹介する映像を披露する予定だ。

 釜山万博のテーマは「世界の大転換、より良い未来に向かう航海」だ。

 政府と釜山市は来年上半期に最終誘致計画書を提出し、2023年にはBIEの調査団による現地調査などが行われる。また政府と釜山市はこれに先立ち、誘致支援団を構成。金栄柱(キム・ヨンジュ)前韓国貿易協会会長が委員長を、5大グループのトップらが共同副委員長を務める。

 23年11月に169の加盟国による投票が行われ、2030年の万博の開催地が最終決定する。

 世界が注目する大イベントである五輪、サッカーワールドカップ(W杯)、万博をすべて開催した国はこれまでに6カ国あり、韓国で万博が開催されれば7カ国目になる。

 4月に立候補文書を提出したロシア(モスクワ)をはじめ、中国(鄭州)、イタリア(ローマ)、スペイン(バルセロナ)、フランス(パリ)などが競争相手になる見通しだ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。