Go to Contents Go to Navigation

統一部など装うサイバー攻撃相次ぐ 北朝鮮の犯行か=韓国

記事一覧 2021.06.25 15:18

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報セキュリティー会社、イストセキュリティーは25日、北朝鮮とつながりのあるハッカー組織によるものとみられるサイバー攻撃が韓国で相次いで発覚しているとして、注意を呼び掛けた。

統一部と統一研究院を装った電子メール(イストセキュリティー提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同社のセキュリティー対応センターによると、今月22日に韓国統一部からの電子メールを装ったサイバー攻撃が、24日には韓国政府系シンクタンクの統一研究院をかたった攻撃がそれぞれ見つかった。「タリウム」や「キムスキー」などの名前で知られる北朝鮮と関連のあるハッカー集団の犯行と推定される。

 メールは「北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会​総会の分析」を載せているように見せかけ、送信元のアドレスを実際の統一部と統一研究院の公式アドレスのように偽装していた。

 メール画面ではPDFファイル形式などの文書の全文が添付されているように見せ、クリックを誘導する。リンクをクリックしてログイン情報を入力すると、受信者のアカウントが盗まれる。

 同社は、「タリウム」はこのところ政府系の原子力研究機関を含め、兵器システムを研究する防衛関連企業に至るまで幅広くサイバー攻撃を仕掛けているとし、より緊密な官民の協力と備えが必要だと指摘している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。