Go to Contents Go to Navigation

大衆文化芸術者に代替服務認める法案発議 BTSの兵役どうなる?=韓国

記事一覧 2021.06.25 16:15

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の文化体育観光委員会に所属する尹相現(ユン・サンヒョン)議員(無所属)は25日、国益に大きく寄与した大衆文化芸術者に対し、芸術・スポーツ要員として代替服務を認める内容の兵役法改正案を発議した。

尹相現議員(資料写真)=(聯合ニュース)

 現行法上の芸術・スポーツ要員制度は、国内外の芸術コンクールや五輪・アジア大会の上位入賞者ら、芸術・スポーツ分野で特技を持つ人を編入対象とする。改正案は、この編入規定に大衆文化芸術を含めるものだ。

 芸術・スポーツ要員として服務する場合、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、自身の得意分野に34カ月従事すればよい。

 この間、芸術家やスポーツ選手を対象とする兵役特例から大衆文化分野のみが除外されているのは公平性に欠けるとの指摘があった。世界を舞台に活躍し、K―POPブームをけん引している男性グループBTS(防弾少年団)も特例の対象にすべきとの声がある。

 尹氏は「優れた競争力で韓流ブームを巻き起こし、国威を宣揚している大衆文化芸術者を排除することは制度の公平性を損なう」と改正案発議の背景を説明している。

BTSがモデルを務めるロッテ免税店の広告(資料写真)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。