Go to Contents Go to Navigation

インドネシア大統領「韓国の投資に満足」 鄭義溶外相と面会

記事一覧 2021.06.25 21:01

【ジャカルタ聯合ニュース】インドネシアのジョコ大統領は25日、首都ジャカルタの大統領宮殿を訪れた韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官に「(海外からの投資を促す)オムニバス法など投資環境を整えるために努力してきた。韓国からの投資に非常に満足している」と述べた。

鄭義溶氏(左)はインドネシアのマルスディ外相(右)とも会談した(在インドネシア韓国大使館提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国企業は主に電気自動車(EV)や製薬・バイオ分野でインドネシアへの投資を行っている。

 インドネシアは2060年までに炭素中立(カーボンニュートラル)を実現することを目標に、50年からは販売する新車を全てEVにする計画だ。

 現代自動車はジャカルタ郊外に完成した工場でEVの生産を進めており、バッテリー大手のLGエナジーソリューションはニッケル鉱山の採掘から製錬、バッテリー生産までパッケージで取引する交渉を行っている。

ジョコ大統領(インドネシア大統領宮殿提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、ジョコ大統領は韓国国際協力団(KOICA)がインドネシアに新型コロナウイルス防疫関連で400万ドル(約4億4300万円)相当を支援する方針を明らかにしたことに謝意を表した。

 鄭氏は、韓国初の国産戦闘機KF21の共同開発事業や造船大手の大宇造船海洋がインドネシアから受注した潜水艦事業について「韓国とインドネシアの特別戦略的パートナー関係を象徴する事業だ」と述べ、重要性を強調した。

 ベトナム、シンガポール、インドネシアの東南アジア3カ国を歴訪した鄭氏は、この日夜の飛行機で帰国の途に就く。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。