Go to Contents Go to Navigation

大型輸送艦「馬羅島」が就役 垂直発射型の防衛ミサイル搭載=韓国

記事一覧 2021.06.28 11:56

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は28日、大型輸送艦「馬羅島」(1万4500トン)の就役式を開いた。1番艦の「独島」から14年ぶりに就役した大型輸送艦で、10月ごろに実戦配備される予定だ。

大型輸送艦「馬羅島」(海軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 「馬羅島」は1番艦の運用で見つかった問題点を改善し、最新装備を搭載して戦闘能力を大幅に高めた。

 中でも、対艦ミサイルから艦艇を守るために搭載する国産防衛ミサイル「海弓」は垂直発射型だ。「独島」搭載のミサイルに比べ、より性能の高い目標捜索装置を備えており、射程も伸びた。

 搭載する戦闘システムは韓国国内で独自開発したもの。外国から技術支援を受け韓国で研究開発した「独島」の戦闘システムに比べ、標的データの処理速度や対空・対艦の標的への同時対応能力が向上した。

 全長199.4メートル、幅31.4メートルで、最大速力は時速42キロ。乗組員330人が搭乗する。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。