Go to Contents Go to Navigation

今年の釜山国際映画祭 特別展でアジア女性監督作品を上映へ

芸能・スポーツ 2021.06.28 15:42

【釜山聯合ニュース】韓国南東部、釜山で開催される釜山国際映画祭(BIFF)の事務局は28日、10月に開催される今年の映画祭で、アジア最高の女性監督の作品を上映する特別展「ワンダーウーマンズムービー」が開かれると発表した。

チョン・ジェウン監督(資料写真)=(聯合ニュース)

 「ワンダーウーマンズムービー」では、昨年の同映画祭のアジア映画コンペティション部門「ニューカレンツ」の審査委員長を務めたインドのミーラー・ナーイル監督のデビュー作「サラーム・ボンベイ!」(1988年)、韓国のピョン・ヨンジュ監督の「ナヌムの家」(1995年)、チョン・ジェウン監督の「猫をお願い」(2001年)、日本の河瀬直美監督の「萌の朱雀」(1997年)など10作品が上映される。

 事務局は10作品の監督のコメントや映画関係者の推薦の言葉をまとめた冊子を発刊する予定だ。また、監督との対話、国内外の女性映画関係者とのスペシャルトークなど多彩なプログラムも準備する。

 26回目を迎える今年の釜山国際映画祭は10月6~15日に開催される。

hjc@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。