Go to Contents Go to Navigation

東京五輪 飲食支援・防疫対策に全力へ=韓国・大韓体育会

芸能・スポーツ 2021.06.28 19:13

【ソウル聯合ニュース】大韓体育会(韓国オリンピック委員会)は28日、中部・忠清北道鎮川郡にある国家代表選手村で記者会見を行い、東京五輪・パラリンピックに出場する韓国選手団への飲食支援と新型コロナウイルス防疫対策に全力を尽くす方針を明らかにした。

会見を行う李氏(中央)ら=28日、鎮川(聯合ニュース)

 大韓体育会の李起興(イ・ギフン)会長は、放射能に汚染された恐れがある福島県産の食材問題について、「国際オリンピック委員会(IOC)が世界保健機関(WHO)、国際原子力機関(IAEA)などと福島産の食材使用に関して議論を続けている」として、「関連機関が綿密に食材(の安全性)を検討するという前提の下で選手たちに魚類の摂取に関する教育を行う方針だ」と説明した。

 観客が競技場に旭日旗を持ち込んだ場合の対応については、「IOCと東京大会組織委員会でも旭日旗使用の自粛を強調するとしていて、おそらく競技場内では旭日旗は使えないと思う」との見通しを示した。その上で、「旭日旗問題は中国、ロシアと協力して対応する」と述べた。

 大会組織委員会の公式ホームページの日本地図に独島が表示されている問題については、「日本で(IOCの)バッハ会長と会って議論する」との方針を示した。

 申致容(シン・チヨン)選手村長らは新型コロナウイルス防疫対策に関して、選手に対するワクチン接種が終了し、国際大会出場などの経験があるため、新型コロナウイルスによる影響はないとの考えを表明。李氏は選手団の結団式前に防疫教育を実施し、防疫当局に対しては3人以上の防疫専門家を派遣するよう要請したと明らかにした。

 大韓体育会は韓国が今大会で6~7個の金メダルを獲得し、総合順位10~15位になると予想した。5年前のリオ五輪では金メダル9個、銀メダル3個、銅メダル9個を獲得し、総合順位は8位だった。

 一方、李氏と申氏は今大会を控え、政治・外交問題に焦点が当てられ、選手団の士気が下がっているとして、選手団への応援を呼び掛けた。

 大韓体育会によると、韓国からは現在までに29競技の計226人の選手が東京五輪の出場権を獲得した。リオ五輪の24競技・204人を上回っている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。