Go to Contents Go to Navigation

韓国政府・与党 過去最大規模の補正予算編成で合意=コロナ危機対応

記事一覧 2021.06.29 10:49

【ソウル聯合ニュース】韓国政府と与党「共に民主党」は29日、国会で協議会を開き、新型コロナウイルス流行による経済危機に対応するため、税収増加分を活用して財源を確保し、過去最大規模の約33兆ウォン(約3兆2290億円)の第2次補正予算案を編成することで合意した。同党の朴完柱(パク・ワンジュ)政策委員会議長が会見で明らかにした。

政府と与党の協議会の様子=29日、ソウル(聯合ニュース)

 政府と与党間で意見の隔たりがあった国民向けの5回目の災難(災害)支援金支給の範囲は所得下位80%までを対象とすることで合意した。

 新型コロナウイルス被害への支援に向けた災難支援金、小規模事業者支援、クレジットカード利用金額の増加分の一部キャッシュバックに15兆~16兆ウォンが投入される。

 このほかワクチン・防疫の補強に4兆~5兆ウォン、雇用・国民生活安定の支援に2兆~3兆ウォンが編成される。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。