Go to Contents Go to Navigation

7月から適用の新たな感染防止レベル 首都圏は第3段階に迫る=韓国

記事一覧 2021.06.30 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国で7月1日から、4段階に区分した新たな新型コロナウイルス感染防止策「社会的距離の確保」が適用され、私的な集まりの人数制限や不特定多数の人が利用する施設の営業制限が緩和される。首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)はひとまず下から2番目の第2段階となるものの、感染者数はすでに第3段階の基準に迫っている。政府は、流行が広がれば段階を引き上げる方針だ。

4段階に区分した新たな新型コロナウイルス感染防止策が適用される(イラスト)=(聯合ニュース)

 政府の中央事故収拾本部の尹泰皓(ユン・テホ)防疫総括班長は30日のオンライン会見で、首都圏の新規感染者数の直近1週間平均は465人で、新たな社会的距離確保の第3段階基準(500~999人)に近づいていると伝えた。首都圏には第2段階を適用する予定だとしながらも、「流行が広がり、段階引き上げの基準を満たせば速やかに段階の見直しに着手する」と説明した。

 政府は、若者らを中心に感染者が増えていることに注目している。尹氏は「まだ予防接種を受けていない20代と30代をはじめとする若者・壮年層の感染が大きく増えており、これが感染者の増加をけん引している」と警鐘を鳴らした。

 一方で、ワクチン接種の効果で重症化リスクの高い60代以上の感染は減少しているとし、その比率は感染者全体の10%以下の水準を維持していると説明した。

 新たな社会的距離確保が適用されることで、流行が拡大しかねないとの懸念も出ている。

 新規感染者の80%程度が集中する首都圏では、7月1日から6人までの私的な集まりが可能になり、飲食店やカフェなどに対する営業時間制限は従来の午後10時までから午前0時までに緩和される。

 尹氏は、こうした措置は国民の日常生活を今まで以上に保障するためのもので、防疫緩和に当たるが、感染の有無を調べる検査と疫学調査をより積極的に実施することなどで感染の広がりを抑えられると説明している。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。