Go to Contents Go to Navigation

防疫措置緩和 首都圏で1週間先送りに=韓国

記事一覧 2021.06.30 17:49

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央災難(災害)安全対策本部は30日、4段階に区分した新たな新型コロナウイルス感染防止策「社会的距離の確保」が7月1日から適用されることに関連し、首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)では下から2番目の第2段階とする新レベルの適用を1週間延期すると発表した。

首都圏では新たな新型コロナウイルス感染防止策の適用が1週間延期される(イラスト)=(聯合ニュース)

 首都圏では、7月1日から14日まで私的な集まりの人数制限は6人まで、それ以降は8人までとなる予定だったが、今回の決定により1~7日までは現行通り4人までとなり、午後10時となっている飲食店などの営業時間の制限なども維持される。

 同本部は「政府は首都圏の自治体の自主的な決定を尊重し、1週間の猶予期間を設けることに同意した」とし、「首都圏の自治体と共に、首都圏での新型コロナの流行を安定化させるため総力を挙げる」と説明した。

 首都圏の自治体が急きょ現行の感染防止策の維持を決めたのは、ソウルの感染者数の規模が新レベルで第3段階の基準(直近1週間の平均で500~999人)に迫るなど、首都圏の感染が拡大傾向にあるためだ。このような状況に加え、感染力が従来型より強いとされる変異ウイルスののインド型(デルタ株)の広がりも影響を及ぼしたとみられる。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。