Go to Contents Go to Navigation

韓国与党の大統領選予備選 9人が登録=候補一本化などに注目

記事一覧 2021.06.30 20:49

【ソウル聯合ニュース】韓国で来年3月に行われる大統領選に向け、与党「共に民主党」の公認候補を決める予備選の候補登録が30日に最終日を迎え、計9人が登録した。

予備選の候補登録を行った(左から)李在明氏、李洛淵氏、丁世均氏=(聯合ニュースTV)

 名乗りを上げたのは元首相の李洛淵(イ・ナギョン)同党前代表、前首相の丁世均(チョン・セギュン)氏、京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏ら現職道知事3人、現職国会議員3人、党代表も務めた秋美愛(チュ・ミエ)前法務部長官の9人。

 候補らは来月1日のプレスデーイベントを皮切りに、テレビ討論会などで本格的に議論を戦わせる。7月9~11日に実施される予備選の第1ラウンドで6人に絞り込まれる。

 「1強1中7弱」または「ビッグ3」の争いとされた当初の構図には変化の兆しがみられる。最大野党「国民の力」の代表に国会議員経験のない36歳の李俊錫(イ・ジュンソク)氏が就任したことで、予備選候補のうち最年少の朴用鎮(パク・ヨンジン)議員が世論調査で与党陣営の候補の支持率3位に躍り出た。

 一方、秋氏は強固な支持層をバックに支持率の引き上げを図っている。

慶尚南道・金海にある故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の墓参りを行う丁世均氏(左)と李光宰氏=29日、金海(聯合ニュース)

 丁氏と李光宰(イ・グァンジェ)議員は7月5日までに候補を一本化すると宣言しており、与党の候補の中で最も人気が高い李在明氏に対する「反李在明連帯」が予備選全体を揺るがす可能性がある。

 公認候補を選出する9月5日の投票で過半数の得票者が出なければ決選投票が行われるため、他の候補が結集すれば大逆転が起こる可能性もある。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。