Go to Contents Go to Navigation

サッカーW杯アジア最終予選 韓国はイラン・UAEなどと同組

記事一覧 2021.07.01 16:59

【ソウル聯合ニュース】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選の組み合わせ抽選が1日(日本時間)、マレーシア・クアラルンプールで行われ、韓国はイラン、アラブ首長国連邦(UAE)、イラク、シリア、レバノンと同じA組となった。B組は日本、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナム。

サッカー韓国代表の選手ら(資料写真)=(聯合ニュース)

 最終予選はホーム&アウェー方式の10試合。9月(2、7日)、10月(7、12日)、11月(11、16日)、2022年1月27日、2月1日、3月(24、29日)に行われる。

 アジアの出場枠は4.5。各組の上位1~2チームがW杯の出場権を獲得し、3位同士によるプレーオフの勝者が大陸間プレーオフに回る。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。