Go to Contents Go to Navigation

不注意で廃棄のコロナワクチン 約9000回分=韓国

記事一覧 2021.07.02 18:01

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は2日の定例会見で、前日午後6時までに1006瓶(8878回分)の新型コロナワクチンが廃棄されたと明らかにした。大部分が適正な保管温度が守られないなど、管理上の不注意によるものだった。

英アストラゼネカ製ワクチン(左)と米ヤンセンファーマ製ワクチン(資料写真)=(聯合ニュース)

 廃棄量の内訳は英アストラゼネカ製が715瓶、米ファイザー製が273瓶、米ヤンセンファーマ製が18瓶。ワクチン1瓶でアストラゼネカは10回分、ファイザーは6回分、ヤンセンファーマは5回分の接種が可能だ。

 韓国政府がこれまでに確保したワクチンは、この3種類のほか米モデルナ、米ノババックスの5種類で、計1億9300万回(1億人)分となっている。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。