Go to Contents Go to Navigation

上半期の農畜水産物物価30年ぶり高水準 ネギや卵が高値=韓国

記事一覧 2021.07.05 09:05

【世宗聯合ニュース】韓国で1~6月の農畜水産物の物価上昇率が前年比10%を上回り、30年ぶりの上げ幅を記録したことが5日、統計庁の調べで分かった。

ソウル市内の大型スーパーで販売されているネギ(資料写真)=(聯合ニュース)

 1~6月に農畜水産物の月平均の物価指数は前年平均比で12.6%上昇し、2011年(12.5%)以来、10年ぶりの2桁となった。上半期としては1991年(14.8%)以来30年ぶりの高水準。

 品目別にみると、ネギの価格上昇率が156.6%と27年ぶりの大きさだった。リンゴ(54.3%)やナシ(47.0%)といった果物、ニンニク(45.7%)やトウガラシ粉(34.9%)など香辛料も大幅に上がった。天候不良で作柄が悪化したため。

 また、鳥インフルエンザの発生で採卵鶏が殺処分され、鶏卵も値上がりが続く。上昇率は38.9%だった。政府は上半期だけで2億個以上の卵を輸入したが、価格の安定にはまだつながっていない。

 農畜水産物の価格上昇により、上半期の消費者物価指数は1.8%上昇し、2017年(2.1%)以来4年ぶりの高水準となった。食卓に欠かせない農畜水産物の価格上昇は体感物価を押し上げている。

 ただ政府は、下半期には卵の供給量が回復し、穀物・果実類が収穫期を迎えるなど、物価が徐々に安定するとみている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。