Go to Contents Go to Navigation

文大統領「不法な大規模集会には法的措置」 コロナ再拡大を警戒

記事一覧 2021.07.05 16:16

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5日、青瓦台(大統領府)で開いた首席秘書官・補佐官会議で、新型コロナウイルスの感染再拡大に関連し、「不法な大規模集会など、防疫指針に違反する集団行為に対しては断固とした法的措置を取らざるを得ない」と述べた。

首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=5日、ソウル(聯合ニュース)

 労働組合の全国組織・全国民主労働組合総連盟(民主労総)が3日、ソウル市内で全国労働者大会を強行したことを受けての発言として注目される。

 文大統領は、世界的に感染力の強いデルタ株の変異ウイルスが広がっているとして、夏休みシーズンの流動人口の増加によって急激な感染拡大につながる恐れがあると懸念を示した。

 また、感染リスクの高い施設を集中点検し、強化された感染症予防法が定める防疫規則に違反した場合は即時営業停止を命じる「ワンストライクアウト制」を厳格に適用しなければならないとして、ソウルなど首都圏の感染状況が深刻であることから、首都圏の自治体に対して対応に総力を挙げるよう呼び掛けた。

 ワクチンの接種については上半期の目標値を超過達成し、人口の30%が1回目、10%が2回目の接種を終えるなど順調に進んでいると説明した。

 このほか、ワクチン確保のための国際協力も続いているとして、遺伝物質メッセンジャーRNA(mRNA)を使った米ファイザー、米モデルナ製ワクチンの接種を約1万4000カ所の民間医療機関へ拡大すると明らかにした。

 また、利益が大きいと判断されれば2種類のワクチンを組み合わせて接種することでウイルスへの対応力を高め、集団免疫獲得の時期も早めたいとした。

 新型コロナの流行長期化で自営業者の経営難が続いていることについては、「防疫なくして経済はない」と述べ、防疫の重要性を改めて強調した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。