Go to Contents Go to Navigation

イスラエル ワクチン交換で韓国に70万回分提供へ=現地メディア

記事一覧 2021.07.06 11:40

【ソウル聯合ニュース】イスラエルが韓国と米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンを交換することを決めたと、有力紙ハアレツなどの現地メディアが6日(現地時間)、報じた。

韓国とイスラエルがワクチンを交換することを決めたと報じられた(資料写真)=(聯合ニュース)

 報道によると、イスラエルは自国内のファイザー製ワクチンのうち流通期限が迫っている約70万回分を今月末までに韓国に提供することを決めた。 

 イスラエルは5日夜、韓国とこのような契約を結び、ワクチンを数日中に発送する予定だという。

 また、この契約の一環としてイスラエルは9月と10月に韓国から同量のワクチンを受け取る予定だとされる。

 イスラエルのベネット首相は、この契約は両国にとって「ウィンウィン」だと説明し、自国内のワクチンの在庫を適切に確保する計画だと述べた。

 現地メディアのタイムズ・オブ・イスラエルは、韓国に提供されるワクチンは流通期限が今月末までのものだと報じた。

 これに関連し、韓国政府は「イスラエル政府とワクチン交換(スワップ)の協議中だ」とし、具体的な内容は6日午後の会見で発表すると明らかにした。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。