Go to Contents Go to Navigation

5月のネット通販取引額1.57兆円 飲食サービスが大幅増=韓国

経済 2021.07.06 15:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の5月のパソコンやスマートフォン(スマホ)によるインターネット通販の取引額が初めて月間16兆ウォン(約1兆5700億円)を突破した。

韓国統計庁が5月のオンラインショッピング動向を発表した(統計庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国統計庁が6日発表した「オンラインショッピング動向」によると、5月のインターネット通販の取引額は16兆594億ウォンで、前年同月比26.0%増加した。

 ネット通販の取引額は昨年11月に統計を取り始めた2001年以降で初めて15兆ウォンを超えた。その後、今年2月を除き15兆ウォン台を維持したが、取引額がさらに増えた。

 5月の取引額は、その他の項目を除く全ての商品群で増加した。

 特に、飲食サービス(前年同月比62.2%増、2兆1417億ウォン)と飲料・食料品(同38.1%増、2兆425億ウォン)が大幅に増え、この2品目が取引額全体の約4分の1を占めた。新型コロナウイルス流行の影響で、出前や調理済み食品・半調理品などの需要が伸びたのに加え、メニューの多様化や早朝宅配サービスの拡充など消費環境向上も後押ししたようだ。

 次いで、家電・電子・通信機器(同19.7%増、1兆8528億ウォン)、衣服(同2.4%増、1兆3754億ウォン)、生活用品(同13.3%増、1兆3357億ウォン)も占める割合が高かった。家電製品の大型化・高級化とコロナ禍の在宅時間増加が相まって、生活・キッチン家電の販売額が大きく増えた。

 このほか、農畜水産物(同42.5%増)、電子クーポンサービス(同43.9%増)、文化およびレジャーサービス(同33.9%増)、自動車・自動車用品(同178.7%増)、旅行および交通サービス(同38.4%増)、化粧品(同24.1%増)も取引額が増加した。

 統計庁の担当者は「最近、景気回復の兆しが見え始め、ネット通販取引額の増加率が高い。飲食サービスと飲料・食料品が増加をけん引した」と説明した。

 一方、ネット通販取引額のうちスマートフォン(スマホ)などモバイル機器を利用した取引額は同31.6%増の11兆4346億ウォンで、全体の71.2%を占めた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。