Go to Contents Go to Navigation

感染者急増でコロナ防止策を1週間延長 状況次第では強化も=韓国

記事一覧 2021.07.07 09:36

【ソウル聯合ニュース】韓国で6日の24時間に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者数が一気に1200人超に増えた。金富謙(キム・ブギョム)首相は7日、中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「新型コロナ対策に今一度すべての力量を注ぐべき非常状況(事態)」と強い警戒感を示し、現行の感染防止策「社会的距離の確保」の体制をもう1週間維持すると述べた。

金富謙首相(資料写真)=(聯合ニュース)

 1日当たりの感染者数は前日の700人台から一気に増え、流行「第3波」のピークだった昨年12月25日(1240人)に次いで過去2番目の多さとなった。1000人を超えるのも今年1月4日以来。

 当局は当初、今月1日から措置を緩和した新たな「社会的距離の確保」に移行する予定だったが、感染拡大を受け、首都圏については1週間先送りにした。さらに8日からも1週間、現体制を維持する。私的な集まりの人数も引き続き4人までに制限される。 

 当局は一方で、予防的な検査に力を入れる。活動が活発化している20~30代を中心に、検査を受けるよう強く呼び掛けることにした。また、防疫規則に違反した事業者は政府の支援対象から外し、首都圏に職場がある事業所には在宅勤務への切り替えを促す。

 金氏は「2~3日見守り、感染拡大に歯止めがかからない場合には、新たな社会的距離の確保のうち最も強力な段階の措置を取ることもあり得る」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。