Go to Contents Go to Navigation

原子力研究院にハッキング攻撃 北朝鮮の犯行と推定=韓国情報機関

記事一覧 2021.07.08 14:24

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関の国家情報院(国情院)は8日の国会情報委員会で、原子力技術の研究開発を担う政府系機関、韓国原子力研究院が北朝鮮の犯行と推定されるハッキング攻撃に12日間さらされたと報告した。情報委幹事を務める与党「共に民主党」の金炳基(キム・ビョンギ)議員と最大野党「国民の力」の河泰慶(ハ・テギョン)議員が伝えた。

国会情報委員会の会議に出席した国情院の朴智元(パク・チウォン)院長=8日、ソウル(聯合ニュース)

 河氏は「(国情院は)原子力研究院から6月1日に被害の報告を受けて調査中」だとし、「12日ほど北(のハッキング攻撃)にさらされた」と伝えた。国情院は、このハッキングの背後に北朝鮮がいるとの見方を示し、「中核技術資料は流出していない」と説明したという。

 一方、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)に関し、国情院は「最近10~20キロ減量し、正常に統治活動を行っている」と伝え、健康状態に問題はないと報告した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。