Go to Contents Go to Navigation

商品のパッケージ模倣した食品規制へ 韓国国会

記事一覧 2021.07.13 20:09

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の保健福祉委員会は13日、食品ではない商品のパッケージを模倣したいわゆる「ファンシューマー」食品を規制する「食品などの表示・広告に関する法律」の改正案を可決した。

コンビニエンスストア大手のCUが靴クリームのパッケージを模倣して発売したビール(右側、CU提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ファンシューマーは「fun(楽しみ)」と「consumer(消費者)」を組み合わせた新造語で、実用性などより楽しみを追求する消費者を意味する。

 改正案が成立すれば、食品に間違えられる表示や広告は禁じられる。子どもたちが靴クリームのパッケージを模倣した食品を見て、靴クリームを食べるなどの事故が発生する懸念が指摘されていた。

 また、食品に流通期限の代わりに、国際基準に合わせて消費期限を表示する内容も盛り込まれた。流通期限より長い消費期限を表示し、食品の廃棄量を減らすことが狙いだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。