Go to Contents Go to Navigation

韓国人の人命被害なし 現地LG工場の被害規模把握できず=南ア暴動

社会・文化 2021.07.13 19:03

【ソウル聯合ニュース】南アフリカでズマ前大統領の収監に抗議するデモが暴動に発展していることに関連し、現時点で現地の韓国人に対する被害は確認されていないことが分かった。外交部の崔泳杉(チェ・ヨンサム)報道官が13日の会見で明らかにした。

ダーバンにあるLGの工場で略奪が行われている(提供写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ただ、南東部ダーバンを中心に暴徒が一部の韓国企業から略奪を行い、工場に放火するなど物的被害は出ているという。

 ダーバンにあるLG電子の工場は10日午前(現地時間)、2度にわたる暴徒の略奪と放火を受け、生産施設や物流倉庫が燃えるなど、大きい被害を受けた。現在、同工場に近づくのが難しいため、具体的な被害規模は把握されていない。

 崔氏は「政府は南アフリカ共和国内のデモ激化の状況を鋭意注視し、韓国企業の財産保護のために必要な措置を積極的に講じていく」と説明した。

 外交部当局者はLG工場の被害と関連し、大使館が現地の高官など関係者を通じて警察や軍の動員を増やすよう要請を続けているものの、「暴徒とデモ隊が周辺にいて、(現場への)進入が容易ではない状況」と説明した。

 外交部によると、南アフリカ共和国には現在、韓国系住民が約3300人滞在していると推定される。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。