Go to Contents Go to Navigation

[韓流]東京で開催の「韓ドラ展」盛況 人気ドラマ3作品にフォーカス

記事一覧 2021.07.14 14:09

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、日本での韓国ドラマの人気を受けて東京・渋谷のヒカリエホールで9日から開催されている「スタジオドラゴン 韓ドラ展」が盛況だ。韓国のドラマ制作会社スタジオドラゴンが14日、伝えた。

「スタジオドラゴン 韓ドラ展」のポスター(スタジオドラゴン提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 テレビ朝日の協力で開催された今回の展覧会では、俳優のパク・ソジュンと女優のパク・ミニョン主演の「キム秘書はいったい、なぜ?」、女優のスジと俳優のナム・ジュヒョク主演の「スタートアップ 夢の扉」、俳優のソン・ジュンギと女優のチョン・ヨビン主演の「ヴィンチェンツォ」の3作品の写真や映像のほか、セットや小物、衣装などが展示され、フォトスポットも設けられている。

 スタジオドラゴンは、来月28日までとなっている開催期間の延長が検討されるほど人気を集めていると説明した。

 日本での韓国ドラマの人気は俳優のヒョンビンと女優のソン・イェジン主演の「愛の不時着」で火が付き、「サイコだけど大丈夫」「スタートアップ 夢の扉」「ヴィンチェンツォ」などが次々と話題を集めている。

 今年上半期に東京、大阪、福岡、名古屋で開かれた「愛の不時着展」には9万人以上が訪れた。

 スタジオドラゴンの関係者は「世界のより多くのファンがドラマコンテンツを身近に楽しめるよう、展示などのIP(知的財産)事業を拡大していく」とコメントした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。