Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(7月14日)

社会・文化 2021.07.14 18:00

◇「ニューディール2.0」に21.1兆円 250万人の雇用創出へ

 韓国政府は新型コロナウイルス後の時代を見据えて昨年7月に打ち出した国家発展戦略「韓国版ニューディール」をアップグレードした「韓国版ニューディール2.0」政策を発表した。2.0バージョンでは、コロナなどによる二極化の解消策を新たに盛り込み、デジタル化や炭素中立(カーボンニュートラル)といった世界的な課題を補強した。2025年までに投じる累計の総事業費は220兆ウォン(約21兆1000億円)と、従来計画の160兆ウォンから大幅に増やした。従来計画より60万人多い250万人の直接・間接の雇用創出を目指す。

14日に開いた韓国版ニューディール戦略会議で演説する文在寅(ムン・ジェイン)大統領(大統領府提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

◇首都圏以外で15日からコロナ規制強化 

 政府は首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)以外の地域に15日から適用する新型コロナウイルス感染防止策「社会的距離の確保」のレベルを第2段階に引き上げる方針を発表した。世宗市と全羅北道、全羅南道、慶尚北道は対象外とする。私的な集まりの人数制限は世宗市と大田市、忠清北道が4人まで、蔚山市と済州道が6人まで、全羅北道、全羅南道、慶尚北道は8人までとする。飲食店やカフェなどの営業時間は午前0時までに制限される。

◇大統領選 一騎打ちなら京畿道知事が前検事総長より優勢

 世論調査会社ハンギルリサーチが発表した調査結果によると、来年3月の次期大統領選挙で革新系与党「共に民主党」所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長の一騎打ちになると仮定した場合、李氏は43.9%、尹氏は36.0%の支持を得た。尹氏と前首相で共に民主党の前代表の李洛淵(イ・ナギョン)氏の一騎打ちになると仮定した場合は尹氏が36.7%、李氏が31.7%の支持を得た。

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。