Go to Contents Go to Navigation

慰安婦問題解決求める集会が1500回目 1人デモ形式で開催=韓国

記事一覧 2021.07.14 15:07

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題の解決を求め、韓国・ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に開かれている「水曜集会」が14日、1500回目を迎えた。主催する慰安婦被害者支援団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」(正義連)は政府の新型コロナウイルス防疫指針に従い、この日の集会を参加者が入れ替わり登場する1人デモの形で行った。

1500回目の水曜集会で発言する正義連の李理事長=14日、ソウル(聯合ニュース)

 正義連は「世界で最も長く続いたデモ、世界で最も悲しいデモ、世界で最も誇らしいデモが1500回目を迎えた」としながら、この間の水曜集会は共感や連帯、平和、未来の世代への教育の場になったと評価した。

 李娜栄(イ・ナヨン)理事長は「日本政府は1500回の叫びを無視し、違法​な占領と戦争犯罪の責任から今なお目を背けている」と批判。その上で、「日本政府が性奴隷制を重大な反人道的、反人権的犯罪と認め、法的責任を果たして初めて被害者の名誉が回復され、人権が保障される。その日が来るまで、強い連帯の力でこの場を守っていく」と強調した。

 集会の様子は動画投稿サイト「ユーチューブ」でライブ配信された。集会の場に人が集まれず、記念パフォーマンスや慰安婦被害者の発言は事前撮影された映像が流された。

 被害者の李玉善(イ・オクソン)さんは「日本が謝罪するまで水曜デモを続けるべきだ」と訴え、別の被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんは「日本と敵同士にはならない。交流し、学生たちがこの歴史を知るべきだ」と語った。

 一方、水曜集会の現場には報道陣やユーチューバーが集まり、一時騒然とした雰囲気になった。一部のユーチューバーは「集合が禁じられているのになぜ集まっているのか」と批判し、正義連に抗議するプラカードを掲げる人の姿もみられた。

 水曜集会は1992年1月8日、当時の宮沢喜一首相の訪韓を前に正義連の前身「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」のメンバー約30人が日本大使館前で集会を開いて以来、毎週水曜日に開催されてきた。

水曜集会の現場に集まった報道陣やユーチューバーら。正義連に抗議するプラカードを掲げる人の姿もあった=14日、ソウル(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。