Go to Contents Go to Navigation

政策金利を年0.5%で据え置き コロナ流行拡大など考慮=韓国中銀

記事一覧 2021.07.15 10:45

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は15日、定例の金融通貨委員会を開き、政策金利を年0.5%で据え置いた。韓銀は昨年3月、新型コロナウイルスの感染拡大により景気減速が予想されるとして政策金利を年1.25%から過去最低の0.75%に引き下げ、同5月にはさらに0.25%利下げした。その後は据え置きが続いている。

金融通貨委員会を主宰する李柱烈総裁(韓銀提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 金融緩和政策が長期化し、資産バブルや個人向け融資の急増、インフレといった弊害に対する懸念も強まっている。このため、韓銀の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は先月24日、物価安定目標運営状況の説明会で「年内」の政策金利引き上げを予告した。

 だが、この日の金融通貨委員会では、新型コロナウイルスの流行「第4波」により景気の先行き不透明感が強まっていることなどを踏まえ、据え置きを決定したとみられる。

 ソウル大のキム・ソヨン教授(経済学)は同委員会に先立ち、「今月に入り新型コロナの感染状況が急に深刻化し、景気の先行き不透明感も非常に強まっている」と指摘し、こうした状況で韓銀があえて急いで利上げに踏み切ることはないとの見通しを示していた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。