Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮外務省「平和を脅かすのは日本」 防衛白書を批判

記事一覧 2021.07.15 14:39

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省が15日、自国を脅威と規定した日本の2021年版防衛白書を真っ向から批判した。

21年版防衛白書=(聯合ニュース)

 外務省はこの日、同省日本研究所の李炳徳(リ・ビョンドク)研究員の文章をホームページに掲載し、「日本の『防衛白書』は白黒をひっくり返し、再侵の野望を露骨化する『再侵白書』」だと非難した。

 日本政府は13日に公表した防衛白書で北朝鮮について、核・ミサイル開発を挙げながら、自国の安全に対する「重大かつ差し迫った脅威」だと規定した。

 これに対し北朝鮮外務省は、日本の集団的自衛権の行使を認める安全保障関連法の採択や自衛隊の防衛費増加、最先端軍事装備の開発、軍事演習などを列挙した上で、「現実は、地域の平和と安全を破壊する脅威は他でもない日本によって生じていることを示している」と指摘した。

 一方、日本が防衛白書で独島の領有権を重ねて主張したことに対しては言及しなかった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。