Go to Contents Go to Navigation

ソフトバンクG傘下ファンド 旅行アプリの韓国・ヤノルジャに出資

記事一覧 2021.07.15 16:39

【ソウル聯合ニュース】宿泊・旅行予約アプリを運営する韓国のヤノルジャは15日、孫正義会長兼社長率いるソフトバンクグループ(SBG)傘下のビジョン・ファンド2から2兆ウォン(約1920億円)規模の投資を誘致したと発表した。

ヤノルジャのロゴ(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 業界では当初、ビジョン・ファンドの投資額を1兆ウォン程度と予想していたが、ヤノルジャはその2倍の投資誘致に成功した。同社は投資を機にグローバル旅行プラットフォームを構築する計画だ。

 ソフトバンクのアジア投資責任者は「ヤノルジャは人工知能(AI)を生かしたレジャーのスーパーアプリ戦略を通じ、韓国の旅行・レジャー産業を革新しているリーディングカンパニーだ」と評価し、協力することになってうれしいと伝えた。

 ヤノルジャはモノのインターネット(IoT)、AI、ブロックチェーン(分散型台帳)技術とクラウドをベースとしたプラットフォームを通じ、宿泊、レジャー、交通、レストランまでをカバーする総合旅行サービスを提供している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。