Go to Contents Go to Navigation

WTO通商相会議 漁業補助金交渉の年内妥結へ努力=韓国

記事一覧 2021.07.15 20:00

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部は15日、兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長が同日午後にテレビ会議形式で開かれた世界貿易機関(WTO)通商相会議に出席し、WTO漁業補助金交渉に関して議論したと発表した。

兪明希・通商交渉本部長(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 164のWTO加盟国の通商相は、漁業補助金交渉の妥結に向けた各国の意志を確認し、WTO閣僚会議の成果として漁業補助金交渉を年内に妥結させる必要があるとの認識で一致した。

 また、漁業補助金に関する途上国支援の範囲などに対する各国の意見の隔たりをバランス良く調整することで合意した。

 WTOの最高議決機関であるWTO閣僚会議の第12回会議は、11月30日から12月3日まで開かれる。本来は2年ごとの開催だが、新型コロナウイルスの影響などにより2017年以来開かれていなかった。

 兪氏は、世界の漁業資源の持続可能性のために過去20年間漁業補助金交渉が続けられてきた点に言及。今回の交渉はWTOの全加盟国が参加する唯一の交渉であるため妥結すれば多国間貿易の秩序回復を表すきっかけになり、WTOが地球レベルの問題に寄与する適切な機関であることを示す契機になると強調した。

 WTO漁業補助金交渉は、海洋生態系の持続可能性と水産資源の保護を目的に2001年から続けられており、違法・無報告・無規制漁業と水産資源の乱獲を招く補助金を規制する内容が議論されている。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。