Go to Contents Go to Navigation

韓国と米国 サイバー脅威対応へ作業部会設置

記事一覧 2021.07.16 14:46

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)は16日、国家サイバー安保政策調整会議を開き、激化するサイバー脅威に対応するため、米国と「韓米サイバーワーキンググループ(作業部会)」を立ち上げ、協力体制を強化することを決めた。

青瓦台で開かれた国家サイバー安保政策調整会議(青瓦台提供)=(聯合ニュース)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領とバイデン米大統領は5月の首脳会談で、サイバー安保協力を強化することで合意していた。

 韓国政府は、サイバー安保は国家安保に直結する問題として、ハッキングなどさまざまなサイバー脅威に積極的に対応することにした。徐薫(ソ・フン)国家安保室長は「ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)攻撃が続いていて、いつにも増して政府の綿密な対応が必要だ」とし、「コロナで対サイバー依存度が高まる中、サイバー脅威に対応するため全政府機関が対応体系を点検し、先制的に対応しなければならない」と強調した。

 情報機関・国家情報院は官・民・軍に分離されているサイバー警報発令体系を統合する方針を報告。友好国の情報機関とサイバー関連協力を強化する計画を明らかにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。