Go to Contents Go to Navigation

現代自G会長が米国出張 未来モビリティー事業加速=五輪で訪日も

記事一覧 2021.07.16 14:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車グループの鄭義宣(チョン・ウィソン)会長が16日、韓国から専用機で米国に向かった。4月に米西部、6月には東部を訪れており、今年3回目の米国出張となる。

鄭義宣会長(現代自動車提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 高級ブランドの「ジェネシス」を含む現代自動車と子会社の起亜は、このほど米国市場で過去最高の販売実績を収めており、鄭氏は現地従業員を激励するとともに、北米販売戦略や米国への大規模投資計画を点検するとみられる。

 同グループは先に、電気自動車(EV)の現地生産や生産設備拡充をはじめ、「空飛ぶクルマ」と言われるアーバン・エア・モビリティー(UAM)、水素、ロボティクス、自動運転など未来の成長エンジン確保のため、5年間で総額74億ドル(約8140億円)を米国に投資すると発表していた。今回の出張で投資計画をより具体化するとともに、未来モビリティー(乗り物)事業も一段と加速させる見通しだ。

 米国出張後は日本へ向かい、大韓アーチェリー協会長として東京五輪の会場を訪れる。鄭氏は2005年から16年にわたり同協会長を務めている。24日に東京・夢の島公園アーチェリー場を訪ね、金メダルが期待されるアーチェリー混合団体戦に出場する韓国代表を激励する予定とされる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。