Go to Contents Go to Navigation

百貨店32店にコロナ検査の行政命令 12.8万人対象=ソウル市

記事一覧 2021.07.16 15:46

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は16日、このところ新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が続出している百貨店の従事者を対象に、コロナの検査を受けるよう行政命令を出すと発表した。同市は「流動人口が多く、滞在時間が長い百貨店の特性を踏まえ、先回りした予防措置が必要だと判断した」と説明している。

新型コロナウイルスの感染者が確認され、一部フロアを休業したソウル市内の百貨店(資料写真)=(聯合ニュース)

 検査期間は今月17日から8月21日までで、検査対象者はソウル所在の百貨店32店の経営者と従事者約12万8000人。対象者には百貨店のテナントや派遣勤務の従業員も含まれる。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。