Go to Contents Go to Navigation

日本公使 文大統領に対し不適切な発言?=大使が「厳重注意」

政治 2021.07.17 07:31

【ソウル聯合ニュース】在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使が韓国メディアとの懇談で不適切な表現を使い、波紋が広がっている。

 懇談した韓国メディアによると、韓日首脳会談の可能性など両国の懸案に対する日本側の立場を聞くため、15日に相馬氏と昼食を兼ねた懇談を行った。同席で相馬氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し不適切な表現を使った。「日本政府は韓日問題に神経を使う余裕がないのに、文大統領だけがそうしている」という趣旨の発言の中で出たという。

相馬総括公使(資料写真)=(聯合ニュース)

 相馬氏はその場で、不適切な表現を使ったことを謝罪し、発言を撤回した。

 また、聯合ニュースの取材に対し、「非公式の席とはいえ、不適切な発言をしたことは認める」としながらも、「文大統領に対する発言ではなかった」と話した。

 一方、相星孝一・駐韓日本大使は報道資料を発表し「相馬公使に確認したところ、決して文大統領ご本人についての発言ではない」とし、「懇談中の発言とはいえ、外交官として極めて不適切であり、大変遺憾だ。厳重に注意した」と説明した。

csi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。