Go to Contents Go to Navigation

韓国海外派遣部隊 コロナ集団感染の懸念が現実に=新たに61人確認

記事一覧 2021.07.18 10:13

【ソウル聯合ニュース】ソマリア沖のアデン湾に派遣されている韓国海軍「清海部隊」の第34陣を乗せた駆逐艦「文武大王」(4400トン級)で、新型コロナウイルスの集団感染の懸念が現実のものとなった。

駆逐艦「文武大王」(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国軍合同参謀本部によると、18日午前、文武大王で61人の感染が新たに確認された。最初の感染者が出た15日(集計日基準)以降、計68人となった。 

 現地の保健当局に乗組員約300人全員のPCR検査を依頼し、101人に関する結果の通知を受けた。従来の感染者7人を含め、68人が陽性で、33人が陰性だった。残り200人に対する結果はまだ出ておらず、感染者はさらに増える可能性がある。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。