Go to Contents Go to Navigation

政府世宗庁舎の業務用車両 EV・FCVに切り替え=韓国

記事一覧 2021.07.18 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の政府庁舎管理本部は18日、中部の行政都市・世宗市の政府庁舎の業務用乗用車7台全てについて、2025年までに電気自動車(EV)・燃料電池車(FCV)に切り替える方針を発表した。

政府庁舎管理本部は政府世宗庁舎の業務用乗用車をEV・FCVに順次切り替える方針だ(コラージュ)=(聯合ニュース)

 19日からまずEV3台を導入し、25年までに順次切り替える計画だ。

 同本部によると、EV1台当たり年間2トンの温室効果ガスを削減できる。燃料費はEV3台で年423万ウォン(約40万円)安くなるという。

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。