Go to Contents Go to Navigation

日本到着後にコロナ陽性の韓国IOC委員 「精神的につらかった」

記事一覧 2021.07.19 15:22

【東京(特別取材団)聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)のアスリート委員で、東京五輪のために訪れた日本で新型コロナウイルス陽性の判定を受けた韓国の柳承敏(ユ・スンミン)氏は19日、「規則に従い、しっかりと隔離生活を送っている」と伝えた。

東京都内のホテルでの隔離生活について伝える柳氏(同氏のフェイスブックより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 柳氏は多くの人の励ましに感謝すると述べた上で、「新型コロナウイルスが他人にも被害を与えるため、(陽性判定を受けてから)2日間、精神的にとてもつらかった」と明らかにした。柳氏の家族など濃厚接触者は全員陰性だという。

 柳氏は出国前の13日と15日に2回の検査を受け、16日に出た最終結果は陰性だった。ワクチンも2回接種を終えたが、17日に成田空港で陽性と判定された。現在も症状はない。

 東京五輪に参加するIOC委員のうち新型コロナ陽性が確認されたのは柳氏が初めて。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。