Go to Contents Go to Navigation

五輪韓国代表が日本到着 目標は「金7個・総合10位以内」

記事一覧 2021.07.19 18:22

【成田聯合ニュース】23日開幕の東京五輪で金メダル7個以上獲得、総合順位10位以内を目標に掲げる韓国選手団の本陣が19日、成田国際空港に到着した。

成田空港に到着した張仁華・選手団長(中央)=19日、成田(聯合ニュース)

 李起興(イ・ギフン)大韓体育会(韓国オリンピック委員会)会長、張仁華(チャン・インファ)選手団長が率いる韓国選手団本陣は、アーチェリー11人、体操10人、卓球9人、フェンシング8人、自転車2人、馬術1人と役員28人の計69人からなる。

 また、競泳とバドミントン代表は本陣に先駆け、別の航空便で1時間ほど早く日本に到着した。

 国際オリンピック委員会(IOC)委員を兼ねる李氏は、「新型コロナウイルスの(感染)状況が懸念されるが、選手の管理をしっかりして問題なく大会に参加したい」とし、「選手がこれまでトレーニングしてきた技量を100%発揮できるようサポートする」と述べた。

 李氏は金メダル7個、総合10位以内という目標の達成可能性について「可能だとみているが、やはりコロナの状況が不確定要素だ」とし、選手団の管理に気を配ると述べた。

成田空港に到着した李起興氏=19日、成田(聯合ニュース)

 韓国は前回2016年のリオ五輪では金メダル9個を獲得し、総合順位8位を記録した。今大会は29競技に354人の選手団(選手232人、役員122人)を派遣する。

 選手団の主将は秦鍾午(チン・ジョンオ、射撃男子)と金軟景(キム・ヨンギョン、バレーボール女子)が務め、23日の開会式の旗手には金とファン・ソヌ(競泳男子)が選ばれた。

 韓国選手団は14日にセーリング代表が日本入りしたのをはじめ、17日には金鶴範(キム・ハクボム)監督率いるサッカー男子代表が日本に到着した。

 18日には射撃、テニス、ボートなどの選手団が成田に降り立ち、20日にはバレーボール、21日にはハンドボール、柔道などの選手が続々と日本に向かう予定だ。

 韓国選手団は開会式前日の22日に行われるサッカー男子のニュージーランド戦を皮切りに熱戦を繰り広げる。開会式翌日の24日には射撃、アーチェリー男女混合団体戦、テコンドー、フェンシングなどで金メダルを狙う。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。