Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS「こんなことあり得るの」 再びのビルボード1位に驚き

芸能・スポーツ 2021.07.20 10:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の3曲目の英語曲「Permission to Dance」が、米ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」で初登場1位を記録した。ビルボードが19日(現地時間)、発表した。同曲は7週連続1位を記録した自身の2曲目の英語曲「Butter」に代わりトップに立ち、BTSは8週連続で1位を守った。メンバーは自らの成果に驚きながら、ファンに重ねて感謝を伝えた。

BTS(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 JIMIN(ジミン)は発表直後の20日午前、ファンコミュニティーアプリ「Weverse」に「こんなことあり得るの」と驚きをつづった。また、ひざまずいて深々とお辞儀をしている写真を掲載し、「皆さんの大きな愛と応援に、あらためて感謝する。一生懸命に生きていく」とのコメントを添えた。

 リーダーのRM(アールエム)は「長い間皆さんに会えず、喜びや悲しみに鈍感になっていた。だけど今日は無性に踊って楽しみたい」と喜びをあらわにした。「こうした感情を抱かせてくれて本当に光栄に、ありがたく思う。いつか皆さんと会って喜びを分かち合いたい」との思いも伝えた。

 SUGA(シュガ)も「Permission to Dance」のタイトルと歌詞に引っ掛け、「踊ることを許可する。今日は楽しく踊ろう」と書き込んだ。

 最年長のJIN(ジン)も1位に驚きを示しながら、「僕ももっと一生懸命に生きていく。ありがとう」と感激にひたった。

 「Permission to Dance」は今月9日にリリースされたシングルCDに「Butter」とともに収録された。世界的シンガーソングライターのエド・シーランが参加した。

 ホット100で初登場1位を獲得したBTSの楽曲は、初の英語曲「Dynamite」(1位が通算3回)、フィーチャリング参加したジョーシュ685とジェイソン・デルーロの曲「Savage Love」リミックスバージョン(同1回)、韓国語曲「Life Goes On」(同1回)、「Butter」(同7回)と合わせて計5曲、1位獲得回数は通算13回となった。

JIMINは「Weverse」に、ひざまずいて深々とお辞儀をしている写真を掲載して感謝を伝えた(Weverseより)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。