Go to Contents Go to Navigation

「グーグルパワハラ防止法」 与党単独で可決=韓国国会委 

記事一覧 2021.07.20 16:34

【ソウル聯合ニュース】韓国国会の科学技術情報放送通信委員会は20日の全体会議で、グーグルなどアプリマーケット事業者による「アプリ内決済」の導入強制を阻む内容の電気通信事業法改正案を与党「共に民主党」単独で可決した。拙速な立法だとして法案に反対してきた最大野党「国民の力」の議員らは会議を欠席した。与党は改正案を7月の本会議で成立させたい考えだ。

国会科学技術情報放送通信委員会の全体会議の様子。「国民の力」議員らは欠席した=20日、ソウル(聯合ニュース)

 改正案はアプリマーケット事業者が地位を不当に利用してスマートフォン(スマホ)コンテンツなどの提供事業者に特定の決済方式を強制する行為を禁じており、別名「グーグルパワハラ防止法」とも呼ばれている。

 アプリ内決済とは、グーグルやアップルが独自開発した内部決済システムでのみ有料アプリ・コンテンツを決済させる方式を指す。グーグルは先に、ゲームアプリにだけ適用していたアプリ内決済を10月から全てのアプリとコンテンツに拡大すると発表した。ゲームのほか音楽、電子マンガなど、自社のアプリストア「グーグルプレイ」で販売する全てのアプリとコンテンツの決済金額の30%を手数料として徴収するというものだ。

 これに対し、韓国IT(情報技術)業界からはコンテンツの値上げやユーザーの負担増加につながると懸念の声が上がり、国会はすぐさま対応法案の立法に乗り出した。

 窮地に追い込まれたグーグルは今月19日、アプリ内決済ポリシーの導入を来年3月末まで先送りすると発表した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。