Go to Contents Go to Navigation

人気作品の魅力語り合う「韓国文学カフェ」 大阪で来月開催

記事一覧 2021.07.22 10:18

【ソウル聯合ニュース】駐大阪韓国文化院は22日、韓国文学に魅了された日本の読者のための読書会「韓国文学カフェ」を8月7日と24日に開催すると発表した。

「韓国文学カフェ」のポスター(駐大阪韓国文化院提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 7日には日本で50万部以上を売り上げたキム・スヒョンのエッセー「私は私のままで生きることにした」を取り上げ、24日には50人の登場人物が織りなす物語を描くチョン・セランの連作短編小説集「フィフティ・ピープル」を巡って意見を交わす。

 韓国文学に造詣が深い帝塚山学院大の稲川右樹准教授がモデレーターとして出席し、作品を解説する。

 参加申し込みは文化院のホームページで受け付けている。

 駐大阪韓国文化院はまた、9月を「韓国文学の月」として展示会やトークイベントなどの行事を開催する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。