Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「ミナリ」の韓国系米国人監督 「君の名は。」実写版を降板

芸能・スポーツ 2021.07.22 14:27

【ソウル聯合ニュース】日本のアニメーション映画「君の名は。」のハリウッド実写版でメガホンを取る予定だった米映画「ミナリ」のリー・アイザック・チョン監督が降板したことが分かった。米芸能メディア、デッドラインが22日、報じた。

リー・アイザック・チョン監督(パンシネマ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 報道によると、チョン監督は配給会社や制作会社と製作日程を巡って対立したことで降板し、配給元が後任を探しているという。

 韓国系米国人のチョン監督は「ミナリ」で、自身の体験を下敷きに1980年代に希望を求めて米国に移住した韓国人一家の物語を描き、同作に出演した女優のユン・ヨジョンは第93回米アカデミー賞授賞式で助演女優賞を受賞した。

 新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」は、同作の大ファンとして知られるJ.J.エイブラムス監督が実写映画化権を獲得した。

 韓国でも2017年に公開されて367万人の観客を動員し、宮崎駿監督の「ハウルの動く城」(301万人)の興行記録を塗り替えて韓国で公開された日本アニメで最大のヒットとなった。

「君の名は。」のワンシーン(メディアキャッスル提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。