Go to Contents Go to Navigation

カージナルス・金広鉉が今季6勝目 連続イニング無失点記録はストップ

芸能・スポーツ 2021.07.23 11:56

【ソウル聯合ニュース】米大リーグのカージナルスでプレーする韓国人左腕の金広鉉(キム・グァンヒョン)が23日(日本時間)、米ミズーリ州セントルイスで行われたカブス戦で6回を2安打2失点に抑え、今季6勝目を挙げた。

力投するカージナルスの金広鉉=(USAトゥデー=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 4試合連続でクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)を達成した金は6回でマウンドを降りたが、リリーフ陣が残りイニングを無失点に抑え、カージナルスが3―2で勝利した。

 一方、金は4回裏に2点二塁打を浴び、連続イニング無失点記録は24でストップ。被長打ゼロの記録も途切れた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。