Go to Contents Go to Navigation

東京五輪の韓国選手団 103番目に入場

記事一覧 2021.07.23 22:34

【東京聯合ニュース】東京五輪の開会式が23日夜、国立競技場(東京・新宿)であり、韓国選手団は103番目に入場した。入場は日本語の国・地域名表記の50音(あいうえお)順。韓国の旗手は金軟景(キム・ヨンギョン、バレーボール女子)と黄宣優(ファン・ソヌ、競泳男子)が務めた。

入場する韓国選手団=23日、東京(聯合ニュース)

 開会式に臨んだ韓国選手団は選手22人と役員6人の計28人。国旗をあしらったマスクを着用して入場した。国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員を務める潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は手を振って韓国選手団を歓迎した。

 韓国は今大会、29競技に354人の選手団(選手232人、役員122人)を派遣。金メダル7個以上を獲得し、総合順位10位以内に入るとの目標を掲げている。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。