Go to Contents Go to Navigation

東京五輪のメダル争い開始 韓国が金1・銅2

記事一覧 2021.07.24 22:26

【東京聯合ニュース】東京五輪は第2日の24日、本格的にメダル争いが始まった。韓国は新種目のアーチェリー混合団体で金済徳(キム・ジェドク)と安山(アン・サン)のペアが金メダルを獲得。17歳の高校生と20歳の女子大生が韓国に今大会初のメダルをもたらした。フェンシング男子サーブル個人とテコンドー男子58キロ級で金政煥(キム・ジョンファン)と張準(チャン・ジュン)が銅メダルに輝いた。

金メダルを見せる金済徳(右)と安山=24日、東京(聯合ニュース)

 韓国はこの日、射撃やテコンドー、フェンシングなどで金メダルラッシュを狙っていたが、4大会連続の金が期待されていた射撃男子の秦鍾午(チン・ジョンオ)がエアピストルで予選落ちするなど低調な結果に終わった。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。