Go to Contents Go to Navigation

韓国 アーチェリー男子団体2連覇・柔道で安昌林が銅=東京五輪第4日

記事一覧 2021.07.26 21:35

【東京聯合ニュース】東京五輪第4日の26日、韓国はアーチェリー男子団体で五輪2連覇を達成し、金メダルを3個に伸ばした。

授賞式で記念撮影するアーチェリー男子団体の韓国代表=26日、東京(聯合ニュース)

 今大会のアーチェリーで韓国は混合団体と女子団体でも金メダルを獲得している。混合団体に出場した金済徳(キム・ジェドク)は2冠に輝いた。

 柔道男子73キロ級に出場した在日韓国人3世、安昌林(アン・チャンリム)は3位決定戦でアゼルバイジャンの選手から得意の背負投げで「技あり」を奪って銅メダルを獲得した。

 競泳の男子200メートル自由形準決勝では黄宣優(ファン・ソヌ、18)が1分45秒53をマークし、16人中6位で決勝に進んだ。韓国選手が五輪競泳の決勝に進出するのは2012年ロンドン大会の朴泰桓(パク・テファン)以来となる。

 これで今大会の韓国のメダルは金3、銅4となった。金メダルはいずれもアーチェリー。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。