Go to Contents Go to Navigation

ワクチン接種完了後の新型コロナ感染 計779人に=韓国

記事一覧 2021.07.27 16:46

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部によると、国内で新型コロナウイルスワクチンの接種を完了してから2週間経過以降に感染が分かる「ブレイクスルー感染」が22日午前0時現在、計779人確認された。

韓国でブレイクスルー感染は計779人確認されている(イラスト)=(聯合ニュース)

 19日午前0時までに集計された計647人から132人増え、同じ期間に接種者10万人当たりの感染率も12.0人から14.1人に増加した。

 ワクチンの種類別では接種回数が1回で済む米ヤンセンファーマ製の接種者が437人で最も多く、米ファイザー製が172人、英アストラゼネカ製が169人、1回目にアストラゼネカ製、2回目にファイザー製を接種する「組み合わせ接種」が1人だった。

 接種者10万人当たりのブレイクスルー感染の割合はヤンセンファーマが38.5人、アストラゼネカが16.9人、ファイザーが5.0人、組み合わせ接種が0.7人となっている。

 ブレイクスルー感染とみられる事例のうち、変異株の分析を行った226人中72人から主な変異株(デルタ株54人、アルファ株17人、ベータ株1人)が検出された。

 感染後に重篤・重症化したのは5人で、ブレイクスルー感染全体の0.6%を占めた。死者はいない。

 中央防疫対策本部の関係者は、全てのワクチンでブレイクスルー感染は起こり得るが、国内で使用されているワクチンによるブレイクスルー感染の発生率は非常に低く、発生したとしても接種完了者の重症化率や致死率は低いと強調した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。