Go to Contents Go to Navigation

現代自動車労使の賃金交渉妥結 3年連続ストなしに

経済 2021.07.28 09:45

【蔚山聯合ニュース】韓国自動車最大手、現代自動車の労働組合は28日、賃上げなど今年の団体交渉の暫定合意案について賛否を問う投票を実施し、賛成56.4%で可決したと明らかにした。同社の労使は3年連続で、ストライキを経ることなく交渉妥結に至った。

現代自動車の高級ブランド「ジェネシス」の生産ライン(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 労使の暫定合意案は、7万5000ウォン(約7140円)のベースアップや、成果給200%プラス350万ウォン支給、品質向上と労働災害防止への激励金230万ウォン支給などを盛り込んでいる。

 新型コロナウイルスの影響が今年も続いていることに加え、半導体不足で生産の一時停止を余儀なくされる事態も起きている。労使は依然として経営環境が厳しいとの認識で一致したようだ。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。