Go to Contents Go to Navigation

東京五輪HP地図の独島表示を「傍観」 韓国人教授がIOCに抗議

記事一覧 2021.07.28 10:27

【ソウル聯合ニュース】韓国の広報活動などに取り組む誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は28日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の公式ホームページの日本地図に独島が日本の領土のように表示されていることに抗議する電子メールを国際オリンピック委員会(IOC)委員に送ったと伝えた。徐氏は、東京五輪HPの世界地図上でウクライナ南部クリミア半島がロシアの領土のように表示されていた問題ではIOCがウクライナの抗議を受けて即刻修正した半面、独島問題には傍観していると指摘した。

東京五輪HPの聖火リレールート地図では、今なお独島の表示が削除されていない(徐氏提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 メールはバッハ会長をはじめとする世界のIOC委員全員と、ロゲ前会長らIOC名誉委員に送られた。

 IOCは先ごろ、五輪HPの地図でクリミア半島がロシアの領土のように描写されていたことについて、「サービス提供者のミスであり、内容を把握してすぐに謝罪し、修正した」と発表していた。

 徐氏はこれに対し、抗議のメールで「東京五輪HPの聖火リレールート地図で独島を日本の領土のように表示したことについては、IOCは言い逃れを続けている。ダブルスタンダードだ」と指摘した。韓国が以前に強く是正を求めた際、IOCは、独島の表示は地形的な表現だとする日本側の回答を繰り返し、日本に表示の削除を勧告しなかった。

 徐氏は「IOCは公正が求められる国際機関。不公平な行為をしてはならない」と指摘し、独島表示の削除へIOCの対応を求めた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。