Go to Contents Go to Navigation

韓国の新規コロナ感染者が過去最多1896人 全国的に急拡大

記事一覧 2021.07.28 10:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は28日、この日午前0時現在の国内の新型コロナウイルス感染者数は前日午前0時の時点から1896人増え、累計19万3427人になったと発表した。市中感染が1823人、海外からの入国者の感染が73人だった。1日当たりの新規感染者数は前日(1365人)から531人増え、過去最多を更新した。

新型コロナウイルスの臨時検査所(資料写真)=(聯合ニュース)

 今月に入って本格化した流行の「第4波」は、首都圏からそれ以外の地域へと全国的に広がり、新規感染者数は7日から連続で1000人を超えている。これまでの最多だった22日(1842人)は、アフリカ東部ソマリア沖に派遣されていた韓国海軍「清海部隊」の270人が含まれたことで一時的に数値が跳ね上がったといえるが、この日はそれも上回った。

 感染力がより強い変異株「デルタ株」の拡大に、人の移動が増える夏休みシーズンのピークが重なり、感染者の増加ペース上昇が懸念される。防疫当局と専門家は以前から、1日当たりの新規感染者が2000人を超える可能性を指摘している。

 新たに確認された市中感染者も、今月21日(1725人)を抜いて過去最多の1823人となった。ソウル市が568人、京畿道が543人、仁川市が101人で、首都圏が計1212人と全体の66.5%を占めた。

 首都圏以外の地域では、釜山市が99人、慶尚南道が93人、大田市と江原道がそれぞれ74人、大邱市が54人、忠清北道が40人、慶尚北道が32人、忠清南道が30人、光州市が25人、済州道が23人、全羅北道が22人、蔚山市と全羅南道がそれぞれ17人、世宗市が11人の計611人だった。600人を超えるのは、昨年2~3月に大邱・慶尚北道を中心に流行の第1波が起きて以来。

 一方、海外からの入国者で新たに感染が確認されたのは73人で、このうち33人は空港や港湾での検疫で判明し、残りの40人は入国後の自主隔離中に陽性と分かった。

 死者は前日から4人増えて計2083人となった。韓国国内の平均致死率は1.08%。重篤・重症患者は前日より17人増え、286人となっている。

 27日の検査件数は5万7006件で、前の日に比べ743件多かった。

検査所は暑さとの戦いにもなっている(資料写真)=(聯合ニュース)
空港での消毒作業(資料写真)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。